2018年02月11日

オススメの証券会社(SMBC日興証券)

こんばんは。

先日、IPOと立会外分売を行う上でオススメの証券会社について一覧を作り、各社ごとの特徴などを簡単に紹介することとしていましたが、今回はSMBC日興証券のご紹介させていただきます。
(参考記事:IPO・立会外分売でオススメの証券会社一覧

【IPO】
・主幹事となることが多く、また平幹事となることも非常に多く、申し込むチャンスが多い
・リートIPOの抽選にネットから申し込める数少ない証券会社
・SMBC日興証券では全配分のうち、約10%がネット抽選に割り当てられ、1口座1抽選の完全抽選なので誰でも平等にチャンスあり!
・入金は抽選申込(BB)時に必要となり、申し込み後は資金拘束されるため、同一資金で複数銘柄抽選することは不可能
・デメリットとして、当選や補欠当選をキャンセルした場合にペナルティーあり

【立会外分売】
・参加不可


SMBC日興証券は、IPOの取扱銘柄が非常に多く配分数が非常に多い主幹事となることも多いため、立会外分売ができないのは残念ですが、口座開設は必須だと思います。

IPOでは、配分数が非常に多い主幹事になることも多く、抽選申込できるチャンスが非常に多く、また、配分数の約10%がネット抽選に割り当てられますが、その分は1口座1抽選の完全抽選となるため、資産額や取引実績によらず平等に抽選できるため、少額投資家にとっては非常にありがたいです。また、リートのIPOにネットから簡単に申し込める数少ない証券会社さんであることもウリの一つです。
資金拘束の面では、抽選申込(BB)時に入金が必要で、申込時から資金が拘束されるため、同一資金で複数銘柄の抽選を受けることはできません。
したがって、IPOラッシュ時などでは、まずSMBC日興証券に入金して抽選を受け、外れた場合には即出金して、松井証券、岩井コスモ証券、カブドットコム証券等の後期抽選型の証券会社に入金して再度抽選を受ける、といった活用法がオススメです。
参考までに、私はSMBC日興証券さんからのIPO当選は1回(SGホールディングス)です!(期間は2017年9月〜〜2018年1月)

なお、残念ながら立会外分売には参加できません・・・。
一方で、SMBC日興証券さんの魅力として、信用取引の手数料が無料というのがありますので、信用取引を考えている方にはさらにオススメです。





IPO・立会外分売でオススメの証券会社一覧へ戻る


以上、ありがとうございました。
posted by たけさん at 00:00 | Comment(0) | オススメの証券会社一覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。